よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

ソウだけどラン-2


春、道沿いでよく見かけるキンギンソウ。
キンギンソウも「ソウ」と言いながらラン科の植物です。

名前は金銀とゴージャスですが、かなり控え目な花を付けます。
華やかさがないから盗掘なども少ないのか、ラン畑みたいなっているところを
見ることができます。


キンギンソウ-1



キンギンソウ-2


全体を見るとぱっとしませんが、アップで見るとかなりいけてると思いますが、
皆さんどうでしょう。
屋久島・種子島以南に分布してます。

キンギンソウ-3



おまけは
ちょっと迷惑しているキンギンソウ。

キンギンソウ-4



スポンサーサイト
  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/04/30(Tue)

前進するおもしろガニ


リュウキュウアカショウビンの声も聞かれるようになり、
すっかり初夏の準備が整った感じの奄美です。

GW前半は天気が良く、気持ちよかったですね。
あまり気持ちよかったので、住用のマングローブに久しぶりに行ってきました。

住用マングローブ-1



住用マングローブ-2


大潮で潮がかなりひきましたが、陸になった部分と水のある部分のちょうど境界辺りで
たくさん見られるのが軍隊ガニことミナミコメツキガニ。

カニと言えば横に歩くイメージですが、
ミナミコメツキガニは前進するのが特徴でしょうか。

ミナミコメツキガニ-1



ミナミコメツキガニ-2


丸っこいちょっと面白い形をしていますね。

ミナミコメツキガニ-3



ミナミコメツキガニ-4



ミナミコメツキガニはかなり器用で泥に潜るときは
ぐるぐる回りながら足で泥のふたを作りつつ隠れます。
泥から出てきたときは、はさみで目をきれいにする行動をとるのですが、
普通は前側で目を拭うのに、
たまに、背中側に体を倒し、目を水につけるようにして洗うのがとってもおもしろい。


ミナミコメツキガニ-5

粒々に見えるのはすべてミナミコメツキガニ。
集団で同じ方向に進むので軍隊ガニなんて言われるんでしょうね。


*****************************************************
今夜、普通は4~5人でやる作業を一人でやってみました。
はげー、疲れたこと疲れたこと。
皆でやると、あっという間に終わる作業が、一人だと時間はかかるし、
冗談言う相手もいないのでつまらない。
ほんと、一人の力って、微々たるものだなぁと実感させられました。。。




  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/04/29(Mon)

思っていた以上においしかった


春先から、野イチゴの季節になります。
リュウキュウバライチゴ、リュウキュウイチゴ、ホウロクイチゴと
奄美ではおいしく食べられる野イチゴがありますが、
これまでヤナギイチゴは実も小さいし、食べることはありませんでした。

食いしん坊で、人間が好みそうな実をよく食べているズアカアオバトが
群れて食しているんだけど、実際はどうなんだろうと
私もちょっと味見をすることにしました。


ヤナギイチゴ-1



ヤナギイチゴ-2

おぉ、熟した実は、結構いけるじゃありませんか。
外に出たときの楽しみが一つ増えました♪
関東・近畿南部、四国、九州以南に分布してます。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/04/23(Tue)

ソウだけどラン


昨日紹介したソクシンランの写真を撮っていたら、
近くにソクシンランと同じようにひょろひょろした植物発見。


ムカゴソウ-1


名前はムカゴソウ。
ソクシンランは「ラン」と名前に入っているのにランではありませんでしたが、
ムカゴソウは「ソウ」なのに、ラン科の植物。
名前を付ける人はちょっと考えてほしいですよね。
日本全国に分布しています。


ムカゴソウ-2

花をアップしてみると、ん~、確かにラン。

ムカゴソウ-3


淡い緑色なので、他の植物に紛れ、通り過ぎてしまいそうですが
昨日はソクシンランの近くに咲いていたので見ることができラッキーでした。



  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/04/19(Fri)

良く見ると、もじゃもじゃでオレンジ


今日は昼から天気が良くなりました。

何か面白いものないかなぁとドライブしていたら、
道脇の草地に白く細いものが目に入りました。


ソクシンラン-1


何かと思ったら、ソクシンラン(束心蘭)。
ランと名前についていますが、ランではなくユリ科の植物です。
良く見ると、茎も花も毛もじゃもじゃ。
花の先のほうがちょっとだけ赤っぽいオレンジ色なっているのが、何とも愛らしい。
関東地方以西に分布しています。

ソクシンラン-2



ソクシンラン-3



  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/04/18(Thu)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。