よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

今年も咲きました


台風、奄美は肩透かしでしたね。
今日で8月終わりかと思うと、なんとなく夏が終わったような気分でちょっと寂しい。


今年も近所のサガリバナが咲きました。
少し遅いですが、これからまだ咲きそうです。



サガリバナ


2か所以上同時で見栄えのある咲き方だった時に宴会しようと話していますが、
チャンスがおとずれるのか・・・・・。


スポンサーサイト
  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/08/31(Sat)

この夏楽しかったこと


私がこの夏楽しかったこと
と言えば、8月初旬、カメの孵化を観られたことでしょうか。

前の夜、80匹のカメが孵化したらしく、その夜も観察できるかもしれないと聞き
とりあえず1時間だけ時間を作り行ってみました。


前日、観察された80匹が孵化した後、孵化したカメの足跡(6匹分だったかな?)
亀の孵化-1


明るい時間に出てきてくれたらベスト。(そしたら、ライト照らさずに写真が撮れます)
可能性のある18:30ぐらいに現場へ到着し待ち構えてました。

話を聞きつけ何人かが周りで待機していましたがなかなか出てこない。
太陽は沈み、暗くなって他の人が持っていたレッドライトでカメが出てくるだろう場所を
照らしてもらって待ちました。

1時間だけと時間を決めてましたが、19:30を過ぎてもまだカメは出てこない。
こうなったら意地。もう少し待つことにしました。

20時過ぎ、えっ、動いた?との声。
その場所をパッと見てもよくわからない。

さて、どこに子ガメがいるかわかります?
亀の孵化-2



答えは
亀の孵化-3
右斜め上側に向いて頭だけ出ています。


しばらくすると体全体が見えてきました。
亀の孵化-4
左斜め上側に向いています。


体全体が見えてすぐ、海はどこだ?と探すように少し体を右に左に動かしていましたが、
ここだ!と決めてからは一直線に海に向かって、必死に前進してました。
亀の孵化-5


海に入る直前のカメ。
亀の孵化-6
アカウミガメらしいと誰かが話してましたが、暗くてはっきり見えずよくわかりませんでした。
波打ち際まで来ると、サーッと波にさらわれ、
その後、プハァ~と一呼吸して小さなカメは大海へと旅立ちました。

本能だからと言われたらそれまでですが、
卵から孵ったカメが上を見極め砂からはい出し、海の方向を判断してその方向へ一直線に進む。
4~5cmぐらいしかない子ガメが前肢を必死に動かし海へ向かう姿は感動ものでした。
その後も、親や仲間に何かを教えてもらえるわけでもなく大海原の中
1匹で生きていくなんて・・・・。  ん~~~~~!


観察したのは名瀬湾、消防署隣りの三角浜でした。
名瀬の三角浜


以前子ガメを見たのは、波に1匹がさらわれる一瞬。
今回は砂から出てきたところから海に入るまで観察できましたが残念ながら1匹のみ。
今度は少し明るい時間に うじゃうじゃ出てくるところを観察して写真撮れたら嬉しいなぁ。


*********************************************
おまけ

せっかくですので大浜にある水族館のカメで成長具合を紹介します。(2012年2月に写した写真)
水族館のカメ
小さいほうから、1歳、3歳、9歳だそうです。(1歳で30cmぐらいだったかなぁ。)
1歳のカメぐらいだと、海水循環用に回っている流れに対抗できないようでした。


*********************************************

今日、用事があり外に出た時、眼鏡が汚れて見づらかったので拭くことにしました。
外して眼鏡を見てみると
あぁ、なんと、眼鏡の磁石部分に待ち針が1本引っ付いているではありませんか。
(私のメガネは磁石でサングラスを引っ付けられるようになっています)

そのまま出かけていたらほんとアホ!でした。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/08/25(Sun)

夏の徳之島


今日は処暑。
日中は暑いとはいえ、朝夕は秋を感じるようになりました。

つい先日まで行っていた徳之島。
毎日毎日家で仕事をしていた私にとって、フィールド出っ放し&おいしいものを
食べるだけ食べた楽しい日々でした。
徳之島はちょうどお盆でたくさんの人で賑わっていましたよ。

今回3泊はいつもの宿、「山海荘」に泊まり、後2泊は母間の下側にある
「遊学リゾートきむきゅら」に宿泊しました。

山海荘ではイセエビのさしみ・鍋、
牛・豚・鳥肉そしてイノシシの肉まであったバーベキューなどが夕食に出たし、
きむきゅらでは夜光貝の刺身、ヒキを揚げたもの、クルマエビなど次から次へ
出てくる食事をお腹いっぱい食べ至福のひとときでした。

遊学リゾートきむきゅらのシングル棟と夕食
食事はかなりおいしく、地元の人もたくさんお客さんでいて満席でした。
遊学リゾートきむきゅら
食事はすぐにでも食べたかったのでよくわからない写真になりました。

きむきゅらでは干潟を案内するツアーをやっているようです。
広い干潟ですが、私が到着した時はすでに潮が満ちてきていて、
干潟散歩とはいきませんでした。
ただ、潮が満ち、夕方だったということもあって、
河口に、クロサギ1羽、ダイサギ2羽、キョウジョシギ3羽、キアシシギ4羽、メダイチドリ6~7羽が
水浴びに集まって来てました。遠くて分かりにくかったのですが、メダイチドリは
泳いでる?と思うぐらい体を水の中に入れていて、とても気持ちよさそうでした。


きむきゅらから見た虹
きむきゅらから見えた虹
徳之島では晴れたり曇ったり土砂降りになったり忙しい天気でした。
大雨後に虹が出たのでそろそろ消えそうでしたが1枚撮りました。


台風の中行った畦プリンスビーチ
畦プリンスビーチ
昼からは台風で大荒れの畦海岸でしたが、午前中は何とか海に入れる状態で
たくさんの人で賑わっていました。
今日潜れるのはここしかないとボンベを背負ったダイバー、
泳ぎながら釣りをしに来たおじいちゃん、おばあちゃんとそのお孫さん、
泳ぎに来たという島外のご夫婦、
今度結婚する娘さんのお婿さんの実家にあいさつに来たと話していた家族、
みんな本当に楽しそうでいい顔してました。
特に、娘さんが今度結婚すると話してくれたお父さんなんて本当に嬉しそうで
私まで幸せのおすそ分けいただいた気がしました。



秋利神大橋
秋利神大橋
狭い谷の上にある秋利神大橋。
海岸線に沿って集落のある奄美大島とは違い、徳之島では海岸から一段高くなった
台地のようなところに集落が多くあるので、台地と台地をつなぐ橋があちらこちらで見られます。
奄美大島から行った私にとってちょっと不思議世界。



秋利神の港
秋利神の港
陸側と沖のサンゴ礁の上の防波堤はコンクリートですが、
サンゴ礁を割って水路を造り、内側を港として利用してました。


山で会った猟師
山で会った猟師
徳之島ダムができて満水にしたら、リュウキュウイノシシがどう動くか調べに来たと話をしていた地元の猟師さん。
ライフル銃を持っていたので、お願いして持たせてもらいました。
かなりの重量でスコープはばっちり見えました。 
軽いほうだよと話してましたが、構えてみると支えてもらっているにもかかわらず
肩がつりそうになりました。
でも、構えたときの私はゴルゴ13になった つ・も・り。
(最近GyaO!で視聴したばかりでしたので・・・)



オキナワウラジロガシの群落があり、いい森が残っている三京の森と沢。
三京の森と沢
大きな木々の元、折りたたみ椅子を出し、丸1日本を読みました。
木漏れ日が時間によって移動するので、それに合わせて私もちょっとずつ動きながら
のんびりと本を読むなんて贅沢だなぁ。

読んだ本は8月ということもあって「永遠の0」。

私たちはたくさんの方々の犠牲のもと、今の平和な生活を送っています。
実際の戦争は知らないけれど、このことは絶対に忘れてはいけないのです。
戦争は二度と起こしてはいけない。
映画化もされていますが、ぜひ原作をたくさんの人に読んでほしいなぁと思います。



徳之島の海と空
バックミラーに写った徳之島の景色
道がわからなくなり、車を停車させた時ふと見たサイドミラーに写っていた景色。


ちょっと残念なことは滞在中に
8/15 手々集落 ムチタボリ  8/16 母間ちゅきゃり節祭り
8/17 井ノ川 夏目踊り    8/18 亀徳 ネィンケ
が行われていたらしいのですが、知ったのは帰って来て新聞を読んでからでした。
こんなチャンスなかなかないのになぁ。
知っていたら、ほとんど見物できたはずなのに~~~~!
楽しい5泊6日でしたが、このことだけが心残りです。

徳之島面白いので、またすぐにでも行きたいなぁ。


  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/08/23(Fri)

奄美の夏の飲み物兼食べ物


食欲のなくなってくる夏。
水ばかりじゃ体力がなくなり、疲れやすくなります。
てっとり早く栄養を取り、のどを潤す
と言えば、奄美じゃ「ミキ」でしょ。


みき
今日は七夕なので一緒に撮ってみました。

私がよく飲むのは「東米蔵商店」のみき。通称「東(あずま)みき」
粒感が残っていて、少しとろみがあり、昔ながらの味が好み。
信愛幼稚園から旧保健所に行く途中に製造元があるのですが
そこで買うと、お店で買うより40円近く安いんですよ♪


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/08/13(Tue)

夏の天体ショー


毎日暑いですね。お元気でしょうか?

三大流星群と言えば1月の「しぶんき座流星群」、12月の「ふたご座流星群」
そして、夏の「ペルセウス座流星群」。

今年の「ペルセウス座流星群」は、8/12~8/13に見ることができます。
13日の明け方にはたくさんの流れ星が見られるはずです。
しかも今年は日本で大変条件よく観察できるようですよ。

週間予報を見ると奄美は晴れマーク。
月は12日22:05には沈みます。13日の朝方まで待っていられない人は
12日の夜中狙ってみるのもいいかもしれませんね。

私としては、海岸で寝そべって波の音を聞きながらがベストだと思うのですが、
いかがでしょうか?


**********************************************

私、実はこの夏、まったく楽しんでいません。
忙しすぎる!と言うより頑張っても頑張っても、物が出来上がりません。
半徹夜でこの1か月やっているのに、定番品でさえ盆前の納品難しい。(T_T)

夏用に新しい商品作るぞー!と3月ぐらいから集めた布、チャームその他の材料は
いったいどうなるのでしょうか? (楽しみにしていたのになぁ。)
でもせっかく、注文いただいたりしているのに定番品でさえ納品難しいなんて
ほんと申し訳ない。 m(__)m


先日、知人から電話がありました。
友達が奄美に遊びに行くからぜひ会ってみない?と。
面白そうだから会いたいけどちょっと無理かも、と答えたのだが、
知人、納得せず。
他の知人も、時間を作れないことを納得してくれない。

2泊3日で奄美入り予定なのだが、その日から、午前中別の場所で仕事、
午後~夕方まで会議、夜中鳥の調査、次の日朝から夕方まで会議、
その夜から、新旧お盆に向けて猛ダッシュで最後の追い込み、
その後は1週間徳之島で仕事。
さて、どこに時間があるでしょうか?(実は会議など出ている場合ではないのだが・・・。)
別の知人曰く、
「人からあんたのやっていることが見えないからねぇ。」
と。

そ、そんなぁ~~~!

付き合いなど悪くて、いろんな人にいろんな場面で「えっ?」
と言う顔をさせてしまうことも多いのだけど
私も悲しいのです。

それにしても、中長期の時間配分が下手だとつくづく思ってしまいます。


**********************************************

もう一つ、ぼやかせておくれ。

先日、たまには納品直接行かんば!と、
時間作って久しぶりにはりきって笠利方面へ出かけました。
その日の新聞に、「奄美はこの1か月、降水ゼロの場所がほとんどです。」
と掲載されてた日だったので、雨が降るなんて微塵も考えず出かけて行ったのですが、
その日の、その時間、私の行く場所のみ、なぜか大雨が降りました。
しかも、私と一緒に雨雲が進行方向に向かって進むのです。
(ビックⅡで、雨宿りしていた時はなぜが近くで雨雲停滞)

雨粒は大きく豆鉄砲で打たれたように私の体を打ち付けるし、
道路は大雨のため低いところに水が溜まり対向車の水しぶきかかるし、
納品場所についた時には洋服のまま泳いで来たの?状態でした。
帰ってきた時にはひぐりくぉわって35度過ぎの部屋で1時間近く震えてました。
もう、信じられな~~~い!

**********************************************

時間がかかるって、手作りの大変なところではあるんだけど、
そこがいいところでもあるんですよね。
定番品でさえ、全商品、納品難しそうだけど、手に取った方、それをお土産としてもらった方が
少しでも、奄美を感じてもらえたら、思い出の一コマになってもらえたらと思いつつ、
日々針を進めているのでした。。

あっ、雨のほしい地域は是非私に連絡を!
その時は雨雲とともに参上できると思いますよ。

ちょっとぼやいてみたブログでした。。。

ペルセウス座流星群は、是非楽しんでくださいね♪


  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/08/07(Wed)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。