よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

そんなに変か?


週末で梅雨明けかと思いきや、なんか梅雨明けが延びている奄美です。

奄美には、川の水が直接海に落ちる滝があります。
それは、瀬戸内町嘉徳集落近くにある篠穂の滝。

篠穂の滝
普通は海からしか見られないと思われている滝ですが、海から船で行かなくても、
嘉徳集落から市集落に伸びる林道から篠穂の滝がよく見える場所があるんです。
ちょっと角度が悪くて今一の写真ですが、ここからの風景、知る人ぞ知るという所なんですよ♪

この篠穂の滝にたどり着く前に橋がかかっているのですが、その橋の名前がめちゃ変!なんです。

「そんなに変なのかー?」

って聞きたくなる橋の名前は
「おぉー、変じゃ~橋」




おっと、もとい




大辺蛇橋
「大辺蛇橋 (おおへんじゃばし) 」  


まったく変な名前を付けたもんです。
名前の由来は何なんでしょうね?
橋近く (辺り)で大きなハブでもよく見かけるのでしょうか?



********************************************************
今夜、やんごの祭りに行ってきました。
奄美の飲み屋の集合地帯、「屋仁川」 (やんご)に、たくさんの屋台、多くの人が集まっていました。

知らない人ばかりかと思いきや、何人にも知り合いに会えて嬉しかったし、
なにより屋仁川が賑わっているのが本当に嬉しかったなぁ。

景気がいいと、まず飲み屋が繁盛する!!
一緒に行った知人が、
「若者もたくさんいるし、紬が大繁盛している時みたいだ」 と大喜びしていました。
祭りのときだけでなく、人でいつも賑わっている屋仁川が復活してほしいものです。


スポンサーサイト
  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/06/29(Sun)

もうすぐ梅雨明け?


週間予報を見ると土曜日あたりから晴れマークが続いています。
6月も下旬になり、奄美もそろそろ梅雨明けでしょうか?

雨が続くと鬱陶しく、早く明けてくれないかと思っていましたが、
梅雨明け間近となると、なぜか梅雨が名残惜しくなるから不思議です。

外に出てみたら、近所の庭で雨に濡れたツツジがきれいに咲いていました。
近所のツツジ-1


近所のツツジ-2


*****************************************************
あまり嬉しくない今日のおまけ

雨に誘われてか、アフリカマイマイが道路に出てきていました。
昔、食料として奄美に持ち込まれましたが、現在は野菜類など植物を食し
厄介者になっています。
最近はあまり見かけなくなったと思っていたのに、近所ではいまだに大発生しているようです。

成長すると大人の手にちょうど乗るぐらいにもなります。(殻高15cm以上)
大きいので気持ち悪く、あまり触る人はいないと思いますが、
アフリカマイマイは寄生虫の中間宿主で、直接触ったり、這った後に触ったりすると
脳障害を起こす可能性があるそうです。
(小さいお子さんがいらっしゃる方は、何でも触りたがるので要注意ですよ!!)

アフリカマイマイ
要注意外来生物(外来生物法)、世界の侵略的外来種ワースト100 、
日本の侵略的外来種ワースト100に指定されています。

アフリカマイマイを見ると、中学1年だったころを思い出します。
部活が厳しく、どうにかして遅刻なり休んだりできないものかと思い、
美化委員だった私は、「アフリカマイマイ退治」を理由によくさぼっていたのです。
部活はさぼっても、マイマイ退治はまじめにやっていた私でした。


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/06/25(Wed)

今年はハブが多い?


梅雨に入ってなま暖かくなってきたころから活動が活発になるハブ。
今年は目撃情報が多いような気がします。

最近、私の知人もハブに撃たれ、大変な目にあいました。
最初の処置が悪かったのか、1週間ぐらいで仕事復帰もできると思っていたのに
しばらくして撃たれた部分が壊死して黒ずみ再手術になったのです。
最初の退院後より痛々しい様子で、麻酔もかけずに壊死部分を取り除く治療は
かなりの痛みを伴うようです。

近づくと危ないハブですが、なぜかハブ同士は仲がいい(?)みたい。
以前、住用の買取したハブを入れておく場所を見に行ったのですが
ハブとハブは重なり合って何事もないかのようにいるではありませんか。
両生類、爬虫類にも攻撃しているのに、いったい何を持って、敵、餌を判断しているのかなぁ。

捕獲されたハブ

先日山に行ったとき、知人二人が先を歩いていたので、私はあまり何も考えずに
ぽけぽけ後を歩いていました。
もうすぐ山を下りるぞという所で、踏み出した足の所になんとなしに目をやると
わずか5cmぐらい横にまだら模様が・・・・・・・・・。

「わーっ、ハブ~~~~~~~~。」

いやいや危ないところでした。
ちょっと足を置く場所がずれていたらと思うと冷や汗ものです。 
(それだけ近いと普通だと場所の問題じゃないような気もしますが・・・)
私の騒ぎを聞いて二人も戻ってきて一緒にハブ見物をしましたが、
長さは1.5m以上はあるようでも痩せているハブでした。
私の前に二人も通っているのに鎌首持ち上げるでもなく、とぐろを巻いたままだったので
きっと餌捕りがあまり上手ではないんでしょう。それとも爆睡していたのか?
おかげで私は助かりましたけど・・・・。

昼ご飯を食べ、再び同じところに行きましたが、ハブはいなくなっていました。
とぐろを巻いたまま動く様子はなかったのですが、嫌な感じは察知していたんでしょうね。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/06/24(Tue)

奄美野生生物保護センター


大和村にある環境省の施設 「奄美野生生物保護センター」が4月にリニューアルしました。
リニューアル後なかなか行く機会がなかったのですが、近くまで行ったので寄ってみました。

建物自体はそのままですが、中は随分と変わっていましたね。
剥製や骨格・昆虫標本などが充実し、動植物の説明もタッチパネルなどで詳しくされています。
奄美の動植物を紹介した映像もよくこんなシーン撮れたなと思ったものがたくさんありました。
短い時間でどんどん紹介していきますが、この1本の映像で何本も番組作れそうな感じです。
1シーン、1シーンお見逃しなく!

奄美野生生物保護センター-1

ゆったりした感じでいいなぁと思ったのが図書コーナー。
テーブルは掘りごたつ式で畳が敷かれています。
奄美野生生物保護センター-2

外にはテラスや公園もありますので、展示物や図書コーナーも含め半日もしくは1日かけて
のんびりしながらゆっくり楽しむのがお勧めです。


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/06/23(Mon)

同窓会のお土産


同窓会のお土産として「運呼ストラップ」を注文いただいていて
今日、納品してきました。

台紙に大学の名前、in奄美と日付を入れてほしいと要望があったのですが、
台紙だと開けて捨てられておしまいになっちゃうなぁと思ったので
注文いただいたYさんの写真を使って「しおり」を作りセットにしました。

同窓会お土産
あとは、透明フィルムに入れて完成のお土産。

思い出たくさんの楽しい同窓会になるといいですね。


  1. 手作り
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/06/22(Sun)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。