よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

今年も咲いた初秋の花


9月に入るとアカショウビンの声も聴けなくなり、ちょっと寂しく感じますが
最近は、今年は少なめ&少し遅いオオシマゼミの声で賑わっています。


山に行くと、いろんな夏の終わり、初秋を感じる花も咲き始めています。
その一つがタネガシマムヨウラン。
今年もいつもの場所にひっそりと咲いていました。

タネガシマムヨウラン-1
ムヨウ(=無葉)、確かに葉が見当たりません。


タネガシマムヨウラン-2
蕾の部分


タネガシマムヨウラン-3
花の部分


タネガシマムヨウラン-4
花をあちらこちらから撮ってみました。


*********************************************************
ゆっくり花の写真を撮りたかったのに、たくさんの蚊に囲まれ、そして刺され
時間がたつにつれ、同じ場所でじっとしていられなくなってしまいました。
山の撮影では、蚊はほんと厄介者です。
(でも、蚊は受粉などには欠かせない生物なんですよ)

70年ぶりに日本で感染症が発見され大騒ぎになっているデング熱ですが、
感染症と確認された人は、9/16には、17の都道府県で合わせて124人となりました。
日常的に蚊に刺されている私としては、これ以上広がってほしくないなぁ。

最近、マダニ、蚊などの虫から媒介される深刻な感染症の拡大が問題になっている日本ですが
WHO(世界保険機構)のデータ等をもとに、ビル・ゲイツ氏が自身のブログ上で
「World’s Deadliest Animals(人間を死に至らしめる世界で最も危ない生物)」を発表しました。
(ある生物が年間に何人の人間を死亡させたかをまとめたランキング)

さて、みなさんは何がランキングに入っていると思いますか?
大型肉食獣? 毒を持つ生物? 海の中にいるサメ、魚、貝?
たくさんの危険生物が想像されますね。

図を見てみると、
サメ、オオカミは年間10人で最下位。
次に低いのは100人のライオンとアフリカゾウ。
続けて、カバ500人、ワニ1,000人。
ちなみにワニはまだ10位です。

途中省いて、4位は25,000人のイヌ、3位は50,000人のヘビ。
奄美には猛毒を持ったハブがいるので、その怖さは身をもって知っています。

ここまでで、ほとんど想像していた動物は出そろったような気がしますが、
さて、「生物が年間に何人の人間を死亡させたかをまとめたランキング」
1位はというと、最近騒ぎになっている「蚊」らしいのです。
蚊によって、年間72万5000人もの人が命を落としているんですね。

あまり好かれている生き物とは言えませんが、こんなにも人命を奪っていたとは・・・・。
だから、日本ではほとんど見られなくなった蚊帳が、アフリカで重宝されているんでしょうね。
気を付けなきゃ。
とは思うのですが、さてどうすればいいのやら・・・・・・・。


ランキングで1位は蚊、3位は蛇、ワニ、ライオン、サメは10位~13位。
上記で2位が抜けています。
2位は何だと思います?








人です。
年間47万5000人もの人が、同じ人間によって殺されているんです。
怖いと思われている、サメ、ライオン、ワニ、オオカミ、トラ、クマ、ヘビなどより
はるかに多くの人を殺しているのは
同じ人なんです。




ビル・ゲイツ氏のブログで公開されている図に興味のある方は下記をクリック。
World's Deadliest Animals


スポンサーサイト
  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/09/16(Tue)

笠利のシバサシ


さて、前回の続き。
なぜ、笠利だったかというと、
五穀豊穣と集落の繁栄を祈る「シバサシ」(八月踊り)が行われていたからなのです。

名瀬でも郷友会の八月踊りなどが行われますが、
連日連夜踊られる、地元密着の八月踊りをどうししても観てみたかったのです。

今回行ったのは、佐仁、用、大笠利、辺留、須野、土盛の6集落。
まず、県の指定無形民俗文化財にもなっている「佐仁」からスタート。
シバサシ佐仁-1
佐仁は2か所に分かれ踊りが行われていて、佐仁1区は17:30ごろから
佐仁2区は17:00頃から踊り始めていました。
各家を回るのですが、家の前にはたくさんの料理とお酒などが並んでいます。
佐仁集落は料理も有名なんですよ。


シバサシ佐仁-2
子供に、六調の弾きかたを教えていました。
「その弾きかたは、赤木名の弾きかた。」
「こう。」
「そうそう。」
と、言いながら教えてましたが、
私には佐仁の弾きかたと、赤木名の弾きかたの違いがよくわからなかった。



次に行ったのは、用のスタートが遅いということで「辺留」
シバサシ辺留-1
辺留はアラセツで3日踊り、3日休んで、シバサシで3日踊ります。
(他の集落もこのパターンが多いみたい)
ここは、1日でたくさんの家を回るのでなく、1日1か所ということです。
この日は公民館広場で踊っていました。


シバサシ辺留-2
いただいた、イカ墨のおにぎり。
住宅の方々が料理当番だったらしいのですが、若い人が多く
ピザなども出てましたね。(おにぎりもピザもおいしかったなぁ)


シバサシ辺留-3
たくさんのちびっこたちで賑わってました。



次は「笠利1区」。
シバサシ笠利1区
県道まで広がって踊っていました。
家の前が道なら、県道だろうがおかまいなしなんですね。
1か所で踊って終わったら、すぐ次に移動して踊る。
人も多くてもの凄く活気を感じました。
大笠利は大きいので、1区、2区、3区と3つに分かれて踊られています。
他の場所にも行きたかったのですが、集落内の道は複雑だし
どこで踊っているかもわからなかったので今回は1区のみ。



次は「用」
シバサシ用-1


シバサシ用-2
ここは、公民館で踊っていました。
移動する感じでもなかったので、この夜はずっと同じ場所で踊ったんでしょうね。



次は「須野」
シバサシ須野
金髪の人が踊っていたので、外国の人も参加しているんだなぁと
眺めていたら、その人がやけに踊りがうまく、さまになっているんです。
ん~~~? と思ってよくよく見てみたら、女装した集落の男性でした。
他に、女装している人が何人かいましたね。
途中で献金の報告があるんですが、その口上も上手で面白かったなぁ。


須野のあとに土盛の踊りも観ましたが、狭いところで人があふれていたので
写真はなし。
私が行った次の日の昨夜は知人が「シシ汁」をふるまうと言ってました。
毎年、60食分ぐらい用意するということなので来年狙うかなぁ。

なんだかんだで、各集落に知人がいたのは驚きでした。
集落で踊りはもちろん、雰囲気も違うのでアラセツ・シバサシ巡りは
やってみる価値あると思いますよ!!


あまりかしこまっている祭りではなく、
日常の延長で、生活の一部として行われている笠利の八月踊り。
毎年こんなことが行われていたんですね。
人の営みですが、亀の孵化やサンゴの産卵でも見ているような神秘を感じました。



*************************************************
今日のおまけ

屋仁のターマン
屋仁のターマン畑。
屋仁のターマンは一村一品のブランドになっていたはずです。
蒸かして味付けなしで食べることを、まずお勧めします。


佐仁1区で、一軒目から二件目に移動するときに見た夕焼け
佐仁からの夕焼け-1


佐仁からの夕焼け-2


佐仁から用に行く途中で見た月と月明かり
中秋の名月-1


中秋の名月-2


中秋の名月-3

9/8は中秋の名月でしたが、
9/9は今年最後のスーパームーンが見られたらしいですね。
知らずに夜空を見上げたけど、時間帯のせいか、あまり大きく見えなかったけどなぁ。
今度見られるのは来年の9/28らしいですよ。


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/09/10(Wed)

中秋の名月


今夜は、中秋の名月。
お団子食べながら、お月見なんて方もいたんでしょうね。

今日の奄美はお月見もってこいのいい天気でした。

中秋の名月-1


中秋の名月-2

この月、私はどこで見ていたのかと言ったら笠利なんですね。
なぜ笠利かは、写真が多すぎて整理しきれないので次回ということで。


*************************************************
楽天が、2014年夏、人気上昇中の離島ランキングを発表していましたね。
(楽天トラベルでの宿泊実績(人泊数)が100人泊/月以上の島に対し、
2013年7月と2014年7月の実績の伸び率から算出)

日本は6852の島からなる島国で、人が住む島だけでも423あるらしいのですが、
そんな中で、今どこの島が注目され、人気が上がってきているのでしょう。

さて、みなさんはどこがランキング入りしていると思いますか?


1位は、沖縄県阿嘉島
さすがに沖縄は強いですね。10位の中に4島入っています。


さてさて、わが奄美関係はと言いますと、

奄美大島3位、 徳之島5位

お~~~!!かなり健闘しています。


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/09/08(Mon)

久しぶりの北大島


晴れたり、雨が降ったり、バイク族にとっては動きにくい天気が続いています。

納品先があるというのに、夏を通り過ぎた9月になって
やっと北大島に行けました。
久しぶりで、なんか旅行にでも行った気分でしたね。

秋を感じられる風景も見られました。
稲干し
稲を育てているのは秋名だけじゃないんですね。


節田海岸からの景色
節田からの景色-1


節田からの景色-2


節田からの景色-3


節田からの景色-4


ふと上を見上げたら
パラグライダー
気持ちよさそうですね。
気付いた時は真上にいたのですが、あっという間に遠くに行ってしまいました。


***********************************************
今日のおまけ

節田にある 「味の郷かさり」 には地元の人たちが作った
野菜、お菓子などたくさんのものが並んでいます。

今日買ったのは、ドレッシング、オクラ、よもぎパン、そして
パッションミキ
パッションミキ。
「元気な島のヨーグルト風ドリンク」って書いてあります。
普通のミキより割高ですが、つい買ってしまいます。

そうだ、今、家にパッションがあるから、ミキを買ってきて
入れて飲んでみようかなぁ。


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/09/04(Thu)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。