よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

捕まえてやる~~~~!


私は最近めちゃ怒っています。

私の家は一辺が車が通る道路に面しているのですが、
一直線の道路の私の家がちょうど面した部分にのみ糞をされるんです。
(しかも玄関側が多い。)

ほっておいたら、そんなことはなくなるだろうと思っていたのですが、
「糞をする場所」 と認識したらしく雨降りでない限り毎日毎日新しい糞が見られます。

これははっきり言って、ペットが悪いのではありません。
飼い主が問題なのです。

動物は愛らしくてかわいいと思います。
私もちゃんと飼えるのであればペットが家にいたらいいなぁと思うこともあります。
でも、かわいい、ほしいと、問題であるということは全く別のことなのです。

奄美では、ネコは放し飼いが当たり前、
イヌも人によっては放し飼いをし (これは完全に違法です)、
噂によれば、イヌを散歩させる時、袋など持っていても糞を拾わない飼い主がいるようです。
普段は繋いでいるのに、外で糞尿をさせるために、散歩もかねて
夕方になるとイヌを放す人もいます。
もう、絶対許せません。
日本はペットを簡単に飼えるので、無責任な飼い主も多いんですよね。

「簡単に飼える=無責任な一時的にペットがほしい人も飼える」

ゆえに

「ちゃんと飼えない人も多い。」



ほんと大迷惑なんです。
奄美では人が迷惑するだけでなく、即、野生動物が犠牲になります。
(ちゃんと飼っている人も迷惑だと思います。)
法律で、しっかり飼える人しか飼えないようにするべきです。
日本はペットを飼うことに関して甘すぎです!!!

目下、「絶対犯人捕まえやる!」と奮闘中。
今日一日で、玄関近くに2か所も糞をされました。
糞はイヌのものかと思いますが、過去には家の中で
ネコにおしっこをされたこともあります。
(なので、日中38度近くなっても、一番風の入る玄関を開けておくことができません。)

もう、絶対許せない。
犯人特定できたら、新聞に投稿してやる~~~~!!


動物はちゃんと飼いましょう。
飼っていない動物に餌やりはせず、ちゃんと飼えないのであれば
飼うのはやめましょう。

奄美のノネコ問題、ネコに関する取り組みなどはまた改めて投稿できたらなと思います。


なんで、ネコのさかりの時は夜中の2時、3時に起こされ、
飼い主がいない間、何時間でも鳴き続けるイヌの鳴き声騒音に悩まされ、
見たくもない糞を家を出入りするたび見て、臭いにおいを嗅いだ後に
ご飯を食べなきゃいけないんでしょう。。。。。


スポンサーサイト
  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/06/27(Sat)

この時期に咲くランを求めて


雨マークがことごとく晴れになっているのに、
とりあえず明日からもしばらく雨マークがあるため、梅雨明けできない奄美です。

昨日は、この時期に咲くランを求め朝3時30分起きで山に入ってました。
6月22日が夏至だったので今が一番朝が早いのです。

咲いてるかなーと期待大で山に入ったのですが
しょっぱなに
ハブ
会っちゃいました。

こちらが先に見つけると最高なのですが、こちらがわからず相手の射程距離に入っちゃうと
大変なことになります。
車の中からだと、「いいねぇ。」なんて、余裕ですが、
自分の足で山に入っていると緊張の連続です。
特に昨日行った所は山奥でハブは至る所にいるし、”だいばんハブ”が多いんです。

ちょっと湿度が高く、ものすごく暑いというわけでもないこの日、
ハブが一番活動しやすそうだったので、感をフルに働かせ、
3時間近くの山歩きでかなりのエネルギーを消耗してしまった。

ハブの出現しそうな日だったのですが、
最終的に山で2匹、夜、車で山に入ったとき2匹と1日で4匹ものハブに会いました。
やっぱりハブdayだったぁ!
何はともあれ無事帰ってこられてよかった。 とぅとがなし、とぅとがなし。

かなり疲れたけど、やっぱり山で見るハブはかっこよかったなぁ。


で、目的のランですが一番良い状態でした。
ナゴラン-1
目的だったナゴラン。

花は匂いもかなりいいですよ。
葉は肉厚で大きく、太い根をしっかり伸ばしていくナゴランは
私のお気に入りのランの一つです。

ナゴラン-2
たいてい、枯れそうな花があったりと、いい状態で見ることは難しいのですが
6つもの花が咲いて、しかも完璧でした。
(残念なのは、雨が降るかもと思って、
こんな時に限って使い慣れた、私にとって他のカメらより思い通りに撮れるカメラを
持って行っていなかったこと!! くやし~~~!!)


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/06/26(Fri)

6/21観察会-3


天気が安定しませんね。
今日は雨だと言っていたのに、青空が見えました。

さて、観察会の続き。


まずはオオシマガンピ。
分布は奄美大島と徳之島となっています。
絶滅危惧ⅠB類です。
ガンピは紙の材料として使われますが、オオシマガンピもそうだったのでしょうか?
そういう記述があるのか、古い文献で調べてみたいですね。
オオシマガンピ-1


オオシマガンピ-2
以前から気になっていた植物だったので、観られて嬉しかったなぁ。
花も良かったけど、私は花近くの葉に惹かれました。


次は、ユノミネシダ。
観察予定外の所で見つけました。
私以外の人は、植物に呼ばれるらしいんです。
私はいつになったらその域に達するのだろう。
ユノミネシダ-1
真中のほうは×印のような、手裏剣のような形になっています。


下2枚は新芽。
ユノミネシダ-2


ユノミネシダ-3



次はマルバダケハギ。(別名ササハギ)
分布は奄美大島~沖縄のようです。
小さい花ですが、色も鮮やかでかわいらしい花でした。
マルバダケハギ-1


マルバダケハギ-2


周りにはまだまだおもしろい植物がいっぱいです。
次の観察会が楽しみです♪


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/06/25(Thu)

6/21観察会-2


雨、止みませんねぇ。
前線さっさと上にあがってくれたらいいのに、しばらく雨模様のようです。
涼しいのはいいんだけど、雨が続くのはちょっと・・・・・・。

さて、観察会の続き


まずはアリノトウグサ。
かなり小さな植物で、小さな花が草を登っている蟻のように見えることから
この名前が付いたようです。
アリノトウグサ-1
アリが登っているように見えますか?


葉は
アリノトウグサ-2
若干ハート形。


アリノトウグサは面白い植物で、まず雄花が咲き、
咲き終わると花弁と雄しべを落とし、雌花に変身します。
アリノトウグサ-3
これは雄花期ですね。
雌花も観てみたい!!



次はゼニゴケ。
雄株と雌株があるようですが、条件が良くないと有性生殖しないようです。
ゼニゴケ-1


ゼニゴケ-2


傘を持ったかわいい植物だと思うのですが、無性生殖でどんどん増え
地面にへばりついて除去しにくいので結構嫌われ者らしいです。
ゼニゴケ-3
これは雄株かな?
観察時には雄株と雌株があること知らなかったので今度はじっくり探してみたいです♪



次はユウコクラン。
花は終わり、種の入った鞘を付けたものを見つけました。
ユウコクラン-1


花は濃い赤紫で目立たず、園芸種としては魅力がないのか山などで普通見られます。
下2枚は5月に撮ったものです。
ユウコクラン-2


ユウコクラン-3
こんなに花を咲かせるのに種になるのは少ないんですね。



次はユウゲショウ。(別名アカバナユウゲショウ)
名前の由来は夕方に咲くことからきているらしいのですが、実は昼間にも咲いています。
かわいらしい花をつけますが、北アメリカ原産の外来種で
国立環境研究所の侵略植物データベースに名前が出ています。

ユウゲショウ-2
侵略植物かぁ・・・・・・。


続きはまた次回。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/06/24(Wed)

6/21観察会-1


今日は朝から山に入る予定だったのですが、雨のため中止になりました。
県道が通行止めになるなど、やはり被害が出たようです。

6/21に観察会がありました。
雨の日は出かけられない私にとって、いろいろ教えてもらえるし
とても楽しい1日になりました。

やっと写真整理も終わりましたので、復習もかねて何回かに分けて紹介します。


まずは、ミズワラビ。
シダとしては珍しく水の中で育ちます。
ミズワラビ-1


ミズワラビ-2
上2枚は栄養葉。


ミズワラビ-3
これは胞子ができる胞子葉。
シダは栄養を作る葉・茎と胞子ができるものが別々に出、同じ植物のもの?と
思われるものがあります。
皆がよく知っている「つくし」もスギナというシダの胞子ができる部分なんです。

食べられるらしいので、ちぎって味見をしました。
癖があまりないので、サラダでも炒めものでもいけそうです。
最近は除草剤の影響で少なくなっているようです。



次はキキョウラン。
名前にランとつていますが、ユリ科の植物です。
名前はキキョウの花に似ていることに由来しているようですが、
キキョウでもランでもないキキョウラン。
もう少し気の利いた名前を付けられなかったのかなぁ。
キキョウラン
青紫のきれいな実をつけます。



次はキンバイザサ。
漢字で書くと「金梅笹」
花を金色の梅、葉を笹にたとえたようです。
キンバイザサ-1
花が落ちてしまってるように見えますが、
キンバイザサは下のほうに花を咲かせるんです。


キンバイザサ-2
土上にあって、他の植物に紛れながらもかなり目立つこの花は
夜空の星の存在に似てました。

続きはまた次回。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/06/24(Wed)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。