よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

島に行ってきました-3-3


本当に、今年も残りわずかとなりましたね。
夜になって、なぜか29日だったっけ?とか思ってカレンダーを確認してしまいました。
日付を勘違いしたのは、1日でも今年が続いてほしいという願望からでしょうか。


さて、今日は昨日の続き、屋久島のヤクスギランドの話から。

屋久島にあるスギは樹齢が1,000年以上でないと、「ヤクスギ」とは言いません。
それ未満のものはすべてコスギと呼びます。樹齢900年でもコスギです。
ヤクスギランドは皆伐されるのを逃れたので、ヤクスギが多く観られます。
私が選んだ150分コースよりちょっと先まで連れて行ってもらったのですが
大きな木がたくさん並んでいて圧巻でした。

ヤクスギランド-4
写真は「小花歩道」のスギ。
1,000年前、3,000年前、5,000年前、ここのスギはその歴史を知っています。
それを想うだけで、胸が熱くなります。

屋久島では杉を花にたとえて、たくさんスギの大木がある所は
「花之江河」  「小花之江河」 「花山歩道」などと名付けられています。


ヤクスギランドは皆伐は免れたと言っても江戸時代、年貢の米の代わりの
平木をとるためにヤクスギを伐採した歴史があります。
平木とは屋根をふく(覆う)ための短冊形の小板です。
切り株はもちろん、平木がとれるか試し切りした跡も観られます。
ヤクスギランドには 「ひげ長老」 「蛇紋杉」 「母子杉」 「三根杉」 「仏陀杉」など
ユニークな名前の付いたヤクスギの大木があるのですが
実はこれらのスギは、平木に適さなかったために残ったスギとも言えるのです。


屋久島の家
写真の家は平木は使用されていませんが、
この家のように、平木で屋根を覆い、それを角材で押さえ、
重りのために平木の上に石を置いて屋根としていたようです。


屋久島は奥まで車が走る道路が通っていないのが魅力の一つですが
それは、し尿を簡単に運べないという問題を引き起こしています。
山に入る人数が少ないうちはいいんですが、現在のように大人数が
山に入るとなるとちょっと大変です。
そこで、山には携帯トイレを持っていくよう普及啓蒙に力を入れています。


下はヤクスギランドにあった携帯トイレ用のブース
携帯トイレブース-3


中はというと
携帯トイレブース-1


携帯トイレの使い方は
携帯トイレブース-2
登山口などには携帯トイレ回収ボックスが設置されています。


下は4日目に行った千尋の滝。
千尋の滝

2日目に日本の滝100選にもなってる「大川の滝」に行きましたが
水量が少なかったため、あまり迫力がなく、千尋の滝のほうが印象にあります。

そう、「大川の滝」 何と読むと思います?
答えは「おおこのたき」 。
屋久島でも、奄美と同じように川のことを 「こ(こう)」と言うんですね。
東側あたりに、女川、男川があるのですが、その川が合ったところに岳があり
名前はこう(川)が合った所にある岳 = 「あいこ岳」 というんです。


下は竜神の滝の下流に架かる 「千尋橋」で撮った私の影の写真。
千尋橋

まだまだ紹介したい所や事はたくさんありますが、屋久島の紹介はこの辺で終わります。
(ブログアップのために写真を整理していて、有名どころの大きなヤクスギの写真が
1枚もないことに気づきました。 ありゃ、りゃ。)

今度私が行くとしたら、花山歩道を通る1泊2日の屋久島縦走とモッチョム岳だな。


大きなヤクスギ、一度は観に行ったほうがいいですよ!!


*******************************************************
今日のおまけ
 
帰りの鹿児島で見た桜島と虹
桜島と虹

さーて、今年も残すところ1日。
ちょっと遅すぎだけど、とりあえず年内には年賀状出さなきゃ!


スポンサーサイト
  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/12/30(Wed)

島に行ってきました-3-2


今日は昨日の続きの屋久島。
3日目と4日目の話です。

屋久島はとにかく雨が多い。そして、今回は曇りから雨模様の天気予報でした。
しかし、
日ごろの行いが良いせいか、なんと、初日ちょっとぐずついただけで晴れました。


3日目に見た朝焼け
屋久島から見た朝焼け
トッピーが安房港から鹿児島に向かっています。
遠くに見える島は種子島です。


安房川
安房川
屋久島はとにかく水量が豊富で、屋久島の電力は100%水力発電で賄われているようです。
しかも、それをやってるのは九電のような電気事業の会社ではなく、民間企業の屋久島電工。
日本の国内はどこも九電や、東電など大手電気事業の会社が牛耳っていて、
痛い目にあってもまだ原発に頼ろうとしているだけかと思っていましたが、
民間企業が、クリーンエネルギーだけで、島に電力を供給しいるという
もの凄い見本があったんですね。
安房川の上流には電力を供給している水力発電所の一つがありました。


3日目の目的地はヤクスギランド。
名前だけ聞くと「昔栄えたのね」と言いたくなるような、ゴーカートでも走っているような
そんな軽い感じがしますが、大きな杉が残っているし、
その一方で、江戸時代の人の営みの跡も残っていて、行ってみる価値のある場所の一つです。


ヤクスギランド-1
屋久島と言えば苔。
ヤクスギランドも苔で覆われています。


ヤクスギランド-2
きれいな川と、それに架かる吊り橋も魅力の一つ。



この写真の場所、かなり有名な所なんですがわかります?
ヤクスギランド-3
実は、
宮崎駿監督によるジブリの映画、「もののけ姫」で、初めてアシタカとサンが会った場所なんです。
宮崎駿監督も公認(?)で、プロモーションビデオでも紹介されているとか。
白谷雲水峡は聞いたことありましたが、ヤクスギランドの話は初めて聞きました。
どのシーンかピンとこなかったので、家に帰ってすぐ、映像チェックしました。
確かに、写真を撮った場所にとても似ています。
映画の中では濁流でしたが、実際の水はとってもきれいなのは違ってましたが・・・・。

この日はたくさん着込んだのにかなり寒かったなぁ。
久しぶりに、手がかじかむという状況になりました。
一日寒い、寒いと言っていたのですが、それもそのはず、
この日、屋久島で初雪が降ったそうです。


2回で終わる予定でしたが、まだまだ長くなりそうなので
続きは次回。


*************************************************
今日のおまけ

屋久島にも大きな豆のなるモダマがありました。
このモダマの自生は国内だと奄美の住用と安房川沿いだけかな?
モダマ
規模はかなり小さいですが、しっかり大きな豆ができるようです。



  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/12/29(Tue)

島に行ってきました-3-1


今日紹介するのはちょうど1か月前に行った屋久島。
5泊6日(船中2泊、屋久島は3泊4日)の旅行でした。

屋久島は奄美からだといったん鹿児島に行って、その後南下しないといけないので
かなり遠い感じがしていました。
今回、2回目の屋久島だったのですが、思った以上に近いし安くで行けることがわかりました。
(前回は直行のツアーがあったのでそれに便乗し、白谷雲水峡などに行きました。)
奄美からだと、夜船に乗って、寝ているうちに鹿児島着。
10:30ぐらいのトッピーに乗ると午後一には屋久島到着です。
帰りも13:30に屋久島を出て、鹿児島でちょっとゆっくりした後、夕方船に乗れば
朝には奄美に到着です。
それに、今だったら離島割引があるので、往復の運賃は26,000円ぐらいしかしません。
交通費だけで5万円近くすると勝手に思っていたのでいやー、びっくりです。


屋久島は4日もいたので2回に分けて紹介したいと思います。

下は2日目に行った西部林道からの景色
西部林道から見た世界遺産地域
海岸から山頂まで世界自然遺産に登録されている地域です。
稜線にはヤクタネゴウヨウが見られたのですが、屋久島の人曰く
「普通は、種子島・屋久島地方など種子島の名前が先に言われるが
ヤクタネゴヨウは、屋久島が先なんだよ。はっ、はっ、はっー。」 だそうです。


西部地域の路上でヤクザルやヤクシカが人を気にすることなくのんびりしてました。
西部林道のヤクシカとヤクザル
サルもシカも本土のものに比べかなり小型です。

時期になるとシカは角を落としますが、林内に散在しているはずの角を
ほとんど見ることはないようです。
ガイドさんによると、シカ自身がその角を食べていると言うんですね。
本当でしょうか?



松の種を食べるヤクザル。
松の実を食べるヤクザル
松の種ってかなり小さいのに、お腹いっぱいになるんか?



西部林道の下側の照葉樹林。
西部林道近くの林内
奄美と同じ照葉樹林の中なのに、スキップして進めるほど中の空間が広い。
100m先が見渡せるとうわさでは聞いていましたが、実際目の前にするとびっくりです。
これ、ヤクシカの食害の影響です。
西部地域はシカの増加が顕著で、草やら若木などをばくばく食べてしまうので
こんな状態になっているんです。
もともと生息していたシカなのにいろんな原因でバランスが崩れちゃったんでしょうか?
草、シダ、若木、低木で、先がほとんど見えない奄美とは大違いです。


西部地域の林内にあったガジュマル。
西部林道内ガジュマル
奄美にもガジュマルはありますが、かっこよかったので撮ってもらいました。


この日食べたお弁当。
お弁当
リサイクル可能な竹のお弁当箱に入っていました。(箸ももちろん割り箸じゃありません。)
河原で食べたお弁当は最高でした~~!



屋久島の一周道路から見た前岳
前岳-1


前岳-2
宿の人が、前岳、前岳と話をしているので、前岳という山かと思っていたら
一周道路から見られる山はすべて前岳というらしい。
(ちゃんとした名前は別にあるみたいですけど。)
島の内側にあって、一周道路から見られない宮之浦岳や永田岳などは、奥岳と言います。


展望風呂
展望風呂
3泊とも違う宿に泊まったのですが、2つの宿に展望風呂がありました。
広々してとっても気持ちよかったですよ。

続きはまた次回。


*************************************************************
今日のおまけ

九州最南端の佐多岬
佐多岬
行きのトッピーから。


  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/12/28(Mon)

島に行ってきました-2


今日紹介するのは一週間前に行った請島。

請島って加計呂麻島の向こう側にあるのでめちゃくちゃ遠いイメージですが
実は思った以上に近いんです。
古仁屋と加計呂麻島の瀬相の往復をフェリーor海上タクシーに乗って
加計呂麻の伊子茂と請島の往復を海上タクシーにしたら、船の時間だけで言ったら
古仁屋から請島まで最速30分、遅くとも45分。
人数いたら、船料金も片道1,000円もかからないし、時間も気にする必要がないので
ゆっくり請島を楽しむことができるんです!!


先週は天気の移り変わりが激しくて、
週間予報が毎日変わっていてどうなることかと思いましたが、
請島行くにはもってこいの、最高の日になりました。


大島海峡の朝焼け
大島海峡の朝焼け
雲の下側と上側では別世界。
飛行機が気持ち良さそうに飛んでいきました。



マテバシイ
大島本島ではあまり見かけないマテバシイのドングリを見つけました。
マテバシイもシイの実と同じようにアクがあまりないのでおいしく食べられるそうです。


オキナワテイショウソウ
オキナワテイショウソウもちょっと遅かったのですが咲いていました。
大島本島では、沢沿いなど水しぶきがかかりそうな所で見る記憶があるのですが
ここでは、水気のない土の上にたくさん生えてました。



大山三角点
請島で一番高い大山の三角点。


三角点近くの岩場からは池地集落が見られました。
池地集落



請島の海
池地近くの海岸。
冬だけど泳ぎたくなりますねぇ。



池地のお墓
池地集落のお墓もいい感じでした。


海岸に生えていた大きなトゲがあるアツバクコ。
アツバクコ-1


アツバクコ-2
集落の人の話では実がなるようです。
料理に入れて薬膳料理にしてもいいかもしれませんね。


遠く思えるけど実は近い請島。
皆さんもチャンスを作ってぜひ足を延ばしてみてくださいね♪
あっ、大山に行くのでしたら瀬戸内町教育委員会に届け出が必要ですので
気を付けてくださいませませ。


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/12/27(Sun)

島に行ってきました-1


今年も残りわずかになりましたね。
最近なかなかアップできなかったので、ここ何か月かのことを振り返ってみたいと思います。

私はここ1か月の間に加計呂麻島、請島、屋久島と3つの島に行ってきました。
今日紹介するのは加計呂麻島。
12月初旬でしたが、ぽかぽか陽気で散歩するにはもってこいの日でした。

諸鈍デイゴ並木-1


諸鈍デイゴ並木-2
諸鈍のデイゴ並木。


諸鈍公民館-1
諸鈍の公民館。
保育所として使われているようで、中にはちびっこがたくさんいました。
小さい子供がたくさんいると、それだけで集落は活気に満ちますね。

諸鈍公民館-2
土俵の真ん中に、滑り台が・・・・。
島ならではだなぁ。


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/12/26(Sat)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。