よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





蜜の見える花


山に行くと、丸い蜜腺溝がチャームポイントのヘツカリンドウが咲いていました。
花の蜜ってなかなか見ることができませんが、ヘツカリンドウははっきり見ることができます。
名前の由来は
ヘツカは大隅半島、辺塚(へつか)で最初に見つかったこと、
リンドウは漢名「竜胆」の音読みが変化した語で、
漢名は漢方で使用する根が竜の胆のように苦いことからきているらしいのですが、
誰か竜の胆を食ったんかい!って感じですね。
大隅半島以南に分布しています。



ヘツカリンドウ-1



ヘツカリンドウ-2
紫の入った花


ヘツカリンドウ-3
白&薄緑の花


  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2012/11/30(Fri)
<<冬っぽい | top | たくさんの釣鐘>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する