よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





リンリン それとも プープーッ?


この時期、ごちゃごちゃしたつる性植物を覗くと
面白い形をした花を見かけることがあります。

名前はリュウキュウウマノスズクサ。
奄美大島以南に分布しています。
和名は、果実のぶら下がったようすが、馬につける鈴に似ていることからきているようです。

リュウキュウウマノスズクサ-1


この花、ほんとユニークな形をしていますよね。
赤くなっている部分は、花びらではなく萼なんです。


リュウキュウウマノスズクサ-2
蕾の時は口がしっかり閉まっていますが、花になるとパカッと開くんです。
私は蕾と花を交互に見たら、ついつい「ん~~~ ぱっ!」と言いたくなります。



花の形から楽器に例えられることも多いんですが、
確かに、音楽を奏でそうな気がします。
リュウキュウウマノスズクサ-3


紹介した写真、他のつるも絡まっていて葉がわかりにくいですが
まるっこいハート型です♪

リュウキュウウマノスズクサ-4



  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/02/10(Sun)
<<冬に咲くツツジ | top | 匂いと灯りでリラックス>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する