よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





変な電話の相手する


5,6日前のお昼ごろ電話がありました。

相手:「おかあさん?」
私:「違うよ。」
相手:「えっ? おとうさん?」
私:「違うよ」 (私の声、お父さんかい!)
相手:「えぇっ?」
私:「電話番号間違っちゃったみたいだね。」
相手:「あっ、ごめん」

相手は4歳か5歳ぐらいの子供だろうか?
間違って電話番号押したんだろうけど、ちゃんと両親に連絡ついたんだろうか?
ちょっと心配だけど、すぐ電話切れちゃったし、二度と話すこともないだろうから
考えてもしょうがないなぁ。まぁ、いっかぁ。
それにしても、小さい子って、かわいいなぁ
と思っていました。


そして、時間がたち、電話のことも忘れたその日の夕方、電話が、

相手:「あの~、あの~、オレ今日電話したけど覚えてる?」

電話の相手は、午後電話してきた子供。
オレって、男の子だったんだぁ。
いったい何の用だろうと思いつつ

私:「覚えているよ」

ちょっと間があって

相手:「ねぇ、だれ?」

だれ?って、あんた! そんなことで電話してきたんかい!と思いつつ

私:「知らない人」

相手:「ふ~ん?」

私:「お母さんかお父さんに連絡ついたの?」

相手:「うん。 じゃーね。ばいばい」

ばいばいって!・・・・・。
だれか興味があったとはいえ、知らない人に簡単に電話したらいかんだろうが!!
面白い子供だったから、もう少し話してもよかったけど
ばいばいで、電話切れちゃったし、さすがにもう話すこともないだろう
と思っていた、が

今日の夕方、再び電話が、

相手:「あのー、前2回電話したんだけどー。あのー、覚えてる?」

えっ、あの子供だ。なんでまた電話してきたんだ?と思いつつ

私:「覚えてるよ」

相手:「覚えてるの? ふぅーん。じゃーね」

じゃーねって! おい、おい。
なんで電話してきたんだ?????
私の電話番号簡単だから、完全に覚えたんだな。
謎の人で興味があるからか(私にとったらその子供のほうが謎だよ)、
かぎっ子で話し相手がほしかったのか?  
よくわからないけど、知らない人に何回も電話するってよくないでしょ!
間違ったら、大変なことに巻き込まれるかもしれないしね。

相手をしている私も私だけど、
今度電話があったら、知らない人に電話したらいけないよと言ったほうがいいのか、
さて、どうするべきか。

ん~~~、言うにしても、ストレートに話したってつまらないなぁ。
ちょっといたずら坊主っぽいので
こっちも、謎の神様とか、逆に悪魔にでも成りすまして、
だめだよっていうのを話てみたら、とか
かっこよく、スーパーヒーローとして、幕引きするのもいいかも、とか
考えているうちに、変な電話にワクワクしてしまいました。。。

*********************************************

今日は、一人で面白がり、勝手に盛り上がっている話を長々と失礼しました。





  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/03/30(Sat)
<<今朝の新緑 | top | 加計呂麻-目的の一つ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する