よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





奄美は夏から秋のようだった?


今日は風が気持ちよく、秋だ! と言いたくなるような気持ちの良い日でした。
(珍しく、湿度は50%切ってましたね)

7月8月とほとんど雨の降らなかった奄美。
松くい虫の被害が一気に広がり、夏から紅葉のような景色になりました。
(常緑樹の多い奄美では、実際は内地のような紅葉の景色は見られません)

下3枚は松くい虫の被害で真っ茶になった名瀬近郊の山
松くい虫被害-1


松くい虫被害-2


松くい虫被害-3


雨不足もあってか、いきなり山が茶色になり、その後、葉が落ちるのも早く
すぐに幹だけの状態になった木が多かった。
加計呂麻島の2~3年かかった状況がこの夏だけで見られたような気がします。

これだけ広がった松くい虫被害ですが、昆虫をよく見ている知人何人かが
「マツノマダラカミキリをあまり見ないんだよね。」と話していました。
これだけ山はまっ茶茶なのに、
媒介主であるカミキリがあまり見られないらしいのはなぜだろう?


****************************************************

今日、ちょっと家から外に出たら男の人何人かが

「山火事だ!!」

と騒いでいました。
指さしている山田団地方向を見てみると、煙がもくもく。

これはまずいと即家に帰り、分団長に電話をしたら車庫へ行けとの支持が。
制服を着ながら車庫へ向い仲間を待って消防車に乗り、現場へ直行!!

さぁ、サイレン鳴らしてすっ飛ばすぞ~~~と車を走らせようとしたところへ
出動中止の連絡が・・・・・。 あららっ。

初活躍の場だったかもしれないのになぁ。
いやいや、たいしたことなさそうでよかったと喜ぶべき。
山火事だったので、もしかしたら松くい虫でやられた松が燃えやすくしていたかもしれません。

奄美は湿度が高いからか、山火事は起こらないと、
間違った知識を持った人もいるようですが、気を付けないといけないですね。
実際、奄美中央林道で奄美は山火事は起こらないと林道で火を起こしたまま
立ち去る人に会ったことがあるんです。恐ろしい!


幸い火事は手伝いが必要なほどではなかったからか出動中止でしたが
車庫前で仲間を待っているときに通りがかりの人が
「あっ、女性消防団ですね。頑張って。」
と声をかけてくれました。この一言はちょっと嬉しかったなぁ。
(正式には私は女性消防団所属ではなく、
 警備小隊の団員でたまたま女性という立場なんですけどね)


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2013/09/16(Mon)
<<面白コラボ | top | きのこの季節です>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する