よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





今回見た植物-徳之島


今回の徳之島でもたくさんの植物を見ることができました。
一番嬉しかったのは、自然のフウランを見られたこと。
近くで見ることができるので花の時期にゆっくり写真撮りに行ってみたいですね。


フウラン-1


フウラン-2

フウランの葉は厚くて硬い。葉の先を触ってみると尖っていて痛いぐらいです。

徳之島のフウランは多くが松の木に着生しています。
奄美での松くい虫被害は、森の中だと倒木更新が促進され良いこともあったりするんですが
徳之島では、そうも言っていられないようです。
ぼちぼち松くい虫被害が広がっている徳之島ですが、フウラン、ボウラン、ナゴランなど
多くのラン類が松に着生している徳之島では打撃が大きいかもしれません。


次に嬉しかったのは分布は九州南部から八重山らしいのに
奄美では見たことがなかったリュウキュウマユミが見られたこと。
ちょっと遠目に見るとモミジのような雰囲気があります。

リュウキュウマユミ-1

近くで見ると全く違うんですけどね。

リュウキュウマユミ-2


その次嬉しかったのはサクラツツジが満開で山を彩っていたこと。
徳之島のサクラツツジは葉が小さいのか、花が多いのか、かなり花が目立っていました。
数本のサクラツツジが一緒にある場所ではかなりの見ごたえでしたよ。

サクラツツジ-1

写真じゃ良さが全く伝わらないのが残念だなぁ。
常緑樹ばかりの山の中に、サクラツツジの花の咲いている部分だけ白く浮き出ている
遠目に見る景色も良かったし、
下を通ったときは宴会でもしたくなるぐらい花で埋め尽くされている、それもまた良かったんですよ。

サクラツツジ-2


今回、植物の専門家も一緒で、見たことない植物をいろいろ教えてもらい
収穫の多かった徳之島行きでした。


***********************************************

土日の休日や時間に関係なく動き回っていると、曜日はもちろん、日付感覚がなくなってくる。
なので、今年から日めくりカレンダーを家に置くことにしました。

意識する1日と、意識しない1日。
ちゃんと意識できると全く違う1日になるはずなんだけど
さて、私はどこまで1日というものを意識してこの1年を送ることができるのか。

家にある日めくりカレンダーですが、
毎日、偉人たちの素晴らしい言葉が書かれています。
今日の言葉は
「仕事を追え仕事に追われるな」 (フランクリン アメリカの政治家)

私にとってかなり耳が痛い!!


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/01/30(Thu)
<<もう行けないかもしれない場所など-徳之島 | top | 戦争の跡ー徳之島>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する