よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





今年はハブが多い?


梅雨に入ってなま暖かくなってきたころから活動が活発になるハブ。
今年は目撃情報が多いような気がします。

最近、私の知人もハブに撃たれ、大変な目にあいました。
最初の処置が悪かったのか、1週間ぐらいで仕事復帰もできると思っていたのに
しばらくして撃たれた部分が壊死して黒ずみ再手術になったのです。
最初の退院後より痛々しい様子で、麻酔もかけずに壊死部分を取り除く治療は
かなりの痛みを伴うようです。

近づくと危ないハブですが、なぜかハブ同士は仲がいい(?)みたい。
以前、住用の買取したハブを入れておく場所を見に行ったのですが
ハブとハブは重なり合って何事もないかのようにいるではありませんか。
両生類、爬虫類にも攻撃しているのに、いったい何を持って、敵、餌を判断しているのかなぁ。

捕獲されたハブ

先日山に行ったとき、知人二人が先を歩いていたので、私はあまり何も考えずに
ぽけぽけ後を歩いていました。
もうすぐ山を下りるぞという所で、踏み出した足の所になんとなしに目をやると
わずか5cmぐらい横にまだら模様が・・・・・・・・・。

「わーっ、ハブ~~~~~~~~。」

いやいや危ないところでした。
ちょっと足を置く場所がずれていたらと思うと冷や汗ものです。 
(それだけ近いと普通だと場所の問題じゃないような気もしますが・・・)
私の騒ぎを聞いて二人も戻ってきて一緒にハブ見物をしましたが、
長さは1.5m以上はあるようでも痩せているハブでした。
私の前に二人も通っているのに鎌首持ち上げるでもなく、とぐろを巻いたままだったので
きっと餌捕りがあまり上手ではないんでしょう。それとも爆睡していたのか?
おかげで私は助かりましたけど・・・・。

昼ご飯を食べ、再び同じところに行きましたが、ハブはいなくなっていました。
とぐろを巻いたまま動く様子はなかったのですが、嫌な感じは察知していたんでしょうね。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/06/24(Tue)
<<もうすぐ梅雨明け? | top | 奄美野生生物保護センター>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する