よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





そんなに変か?


週末で梅雨明けかと思いきや、なんか梅雨明けが延びている奄美です。

奄美には、川の水が直接海に落ちる滝があります。
それは、瀬戸内町嘉徳集落近くにある篠穂の滝。

篠穂の滝
普通は海からしか見られないと思われている滝ですが、海から船で行かなくても、
嘉徳集落から市集落に伸びる林道から篠穂の滝がよく見える場所があるんです。
ちょっと角度が悪くて今一の写真ですが、ここからの風景、知る人ぞ知るという所なんですよ♪

この篠穂の滝にたどり着く前に橋がかかっているのですが、その橋の名前がめちゃ変!なんです。

「そんなに変なのかー?」

って聞きたくなる橋の名前は
「おぉー、変じゃ~橋」




おっと、もとい




大辺蛇橋
「大辺蛇橋 (おおへんじゃばし) 」  


まったく変な名前を付けたもんです。
名前の由来は何なんでしょうね?
橋近く (辺り)で大きなハブでもよく見かけるのでしょうか?



********************************************************
今夜、やんごの祭りに行ってきました。
奄美の飲み屋の集合地帯、「屋仁川」 (やんご)に、たくさんの屋台、多くの人が集まっていました。

知らない人ばかりかと思いきや、何人にも知り合いに会えて嬉しかったし、
なにより屋仁川が賑わっているのが本当に嬉しかったなぁ。

景気がいいと、まず飲み屋が繁盛する!!
一緒に行った知人が、
「若者もたくさんいるし、紬が大繁盛している時みたいだ」 と大喜びしていました。
祭りのときだけでなく、人でいつも賑わっている屋仁川が復活してほしいものです。


  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/06/29(Sun)
<<奄美に・・・? | top | もうすぐ梅雨明け?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する