よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





奄美で夜空を楽しもう!


「アメリカで初めてきれいな星空を見て感動しました。」
上は、以前新聞に載った奄美からアメリカに留学した中学生だったかのコメントです。
私はこの文章を読んでかなりショックを覚えました。

東京から奄美にUターンした私は久しぶりに見る奄美の星に感動し、
「これは、星座を覚えるしかない」
と、本を買い、何晩も小湊に通ったほど奄美から見える星空はきれいなのです。
「あの雲の帯何?」
と思ったのは天の川だったほど、小さな星まで見ることができるのです。
奄美の人は、せっかくきれいな星空を見ることできるのに、
あるのが当たり前で、見ることがあまりないんですねぇ。

7月下旬から8月下旬はたくさんの流星群の活動が重なって、
一年のうちでも多くの流れ星が見られるシーズンらしいです。

7月は29日にみずがめ座デルタ南流星群、
30日には「やぎ座アルファ流星群」がピークを迎えます。

8月には13日ごろに三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」、
18日には「はくちょう座カッパ流星群」もあります。

7月下旬はちょっと天気悪そうですし、
8月は月明かりが邪魔をしそうですが・・・・・。

名瀬市街地は街灯が多く、あまりたくさんの星を見ることはできませんが、
きれいな星空を見たいと思ったら、ちょっと郊外に行くことをお勧めします。
(奄美でちょっと郊外はすぐそこです!)



今月12日、
なんとなしに夜空を見たら、あまりに月が大きく、びっくりしてしばらく眺めていたんですが、
その日はたまたま「スーパームーン」だったらしいんですね。

実は8月にもスーパ-ムーンが見られます。
残念ながら8月11日 3時9分に最大になり、最大を見ようと思ったらかなり厳しい時間ですが、
せっかくなので、8月10日(お盆の送りの日)の寝る直前に空を眺めてみてもいいかもしれません。



流星群やスーパームーンを狙って見るもよし、
でも、たまには涼みながら、奄美の夜空をゆっくり眺めてみませんか?
今日は月の入りが早く、日が沈んですぐから輝くさそり座が目に入ってきましたよ。


あっ!
本を買い、星座を覚えようと小湊にしばらく通った私はその後どうなったかと言いますと
奄美ではたくさんの星が見えすぎて、
一つの星座を結ぶのにも苦労し、さっさと諦めてしまいました。
(星座表に示されている星の間にもたくさんの星が見え、何が何だかまったくわかりません!!)


星座を覚えたかったら、あまり星が見えすぎない場所から始めるほうがいいかもしれませんね。





  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/07/28(Mon)
<<7/29の朝焼けと朝日 | top | 奄美のランチ-COVO TANA>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する