よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





11月の山をうろうろ-4


天気も良く、最高の三連休でしたね。(私には関係ありませんが・・・)
昨日今日は気温も上がり、昼間は25度もありました。

動物たちにとって、餌があるかないかは大問題ですが、
昨年に続き、今年もどんぐりの生りがぱっとしないような感じです。
どんぐりの多い少ないは、動物の繁殖にかなり影響を及ぼします。

オキナワウラジロガシのどんぐりも、昨年に引き続き少ない!!というよりほとんどない。
実る年は足の踏み場もないほどごろごろしているのに、
実らない年は、季節違いか?と思うほどほとんど落ちていません。

今日紹介するのはオキナワウラジロガシ。
栄養のある土の層が薄い奄美では、根を下に下に伸ばせないので
板状にして(板根)大木を支えます。
山をうろうろしていて立派な板根の木を見つけました。


オキナワウラジロガシ-1


オキナワウラジロガシ-2


どんぐりが見つからず、下を見て歩いていたら、クガ(シマサルナシ)の実が落ちていました。
シマサルナシ
自然のキウイフルーツです。
とてもおいしいのですが、知人は子供の頃クガを食べすぎて
キウイアレルギーになってしまったそうです。
「キウイ好きなのに、食べられない!!!!」と嘆いていました。

キウイアレルギーってあるんですね。
おいしいもの、体にいいものでも、食べ過ぎはやっぱりよくないですよね。


※12月に山をうろうろしましたが、
 シイ、アラカシは木によってはかなりの実をつけているようです。
 豊作とまでは言えないと思いますが、とりあえず一安心です。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2014/11/24(Mon)
<<11月の山をうろうろ-5 | top | 11月の山をうろうろ-3>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する