よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

送別会@創作キッチンbarくらふと


この時期は歓送迎会シーズンですね。
先日、週末しかやっていない「創作キッチンbarくらふと」で送別会がありました。
まだ、あまり知られていないお店だと思いますので、ご紹介。
料理は店名にもあるように創作料理。
店主の感性が光っています。


創作キッチンbarくらふと-1
左上:無農薬、無化学肥料の野菜を使ったサラダ。
左中:24時間以上煮込んだ豚の軟骨。
    サツマイモの甘味がおいしさを引き立てていました。
左下:カボチャと店主の作ったジャガイモを揚げたもの。
    出すときにガリガリと何か削っていたので尋ねたところ岩塩でした。
右: 店内



創作キッチンbarくらふと-2
左上:ソースはパッションを使用。農業をしているので捨てるところも使いたいと
   パッションの皮も使用しています。食べるという概念が全くなかったんだけど
   これがなかなかいけるんです。
左中:油そうめんなんですけど、カタヤス(オジサン)で出汁を取っているので別物に感じました。
    出汁=雑魚(煮干し)しか頭にない私にとってちょっと新鮮な味。
左下:生ハムにピンクペッパーで味付け。初めてピンクペッパー味わいました。
右上:焼酎のゼリー。アルコールが2%ほど入っているらしいのですが、
   その前に酒を飲み過ぎてアルコール入っているのはよくわかりませんでした。
   甘味を抑えているので、甘いものが苦手な方もつるんと食べられますよ。
右下:店内、カウンターの棚



西平酒造の隣にあるお店ということで、樫樽に入っている焼酎も見せてもらいました。
創作キッチンbarくらふと-3
音楽を聴きながら、自然の木の中でどんどんおいしくなっていくんでしょう。
中は「加那」と言っていたような・・・。


お店の入り口には
創作キッチンbarくらふと-4
ゴムタイヤの無い、かなり古い自転車がありました。

今年の夏からは毎日オープンするらしいですよ


  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/03/25(Wed)
<<新芽-タイミンタチバナ | top | 笠利湾と新緑>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。