よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

救命救急講習会


今日、救命救急の講習会がありました。

日本では病院以外での突然の心停止による死亡(心臓突然死)が
年間5万人以上になっています。

脳は3~4分で壊死し始め、除細動 (けいれんを止め、正常な動きに戻す)が1分遅れるごとに
救命率は7~10%低下します。

救急車の到着が全国平均8分らしいので、心停止状態で救急車が到着するまで何もしないと
助けられた命が、ほとんど失われることになるのです。

AEDは現在公共施設など至る所に設置されていますが、必要な場合でも
使用されていないというのが現状のようです。



今日の講習会で使用した心肺蘇生法の実技のための人形とAED
救命救急-1


救命処置の流れ

●倒れている人がいたら、自分の安全を確保して、
 まず意識があるかどうか声かけをします。
●.反応・呼吸がなかった場合
  大声で応援を呼び、1:119番通報  2:AED依頼  3:多くの人を呼んでもらう
  を、依頼します。 
●呼吸がなかった場合、即 胸骨圧迫を行います。


胸骨圧迫
救命救急-4
少し怖いですが、結構な力で押しても大丈夫です。
心臓は若干左側にありますが、胸の真ん中を体全体を使って、真上からまっすぐに押します。
指が下がって体につく状態だとそこに力が入るので、指先はあげる。

胸骨圧迫は
 *強く(成人は少なくても5cm、小児は胸の厚さの約1/3)
 *速く(少なくとも100回/分)
 *ちゃんと呼吸が戻るまで絶え間なく行う


心肺蘇生法は胸骨圧迫 30回 + 人工呼吸 2回で1セットですが、
人工呼吸がためらわれる場合は胸骨圧迫のみで大丈夫です。
とにかく、必要なくなるまで続けます。


注意点:しっかり押してあげないといけないので、人がいる場合は余力を残して
     どんどん交代で行う。 交代は素早く!!

     柔らかいベットや布団の上ではなく、なるべく硬いところで行う。


●AEDが到着したら、電源を入れ、音声指示に従いながら電極パットを装着する。
 (音声からやめるよう指示があるまで、胸骨圧迫は続けた状態で)
●解析が済み、電気ショックが必要なら電気ショック→胸骨圧迫
 電気ショックが必要でなかったら胸骨圧迫 
 これを必要がなくなるまで続けます。
●救急車が到着するまでAEDは作動させたままにしておく。


AEDの袋(箱)の中
救命救急-2
左が電極パット、右が装置。 
私は初めて中を見ました。
AEDによって若干違いがあるようです。
(胸毛が濃いとしっかりパットが貼れないので剃るためのカミソリや、
 濡れていた場合体を拭くものなどが入っている場合もあります。)


パットの張り方
救命救急-3
とにかく、心臓を挟むようにして、しっかり貼ってください。


注意点:パットは粘着力がハンパでないので、他の所に引っ付かないよう注意し
     1枚ずつ装着します。(アクセサリーなどの上から貼らないように!)

     音声から離れるよう指示があったら、体に障らないようにする。
     (とにかく、落ち着いて、しっかり音声を聞き、指示に従うことが大事)



AEDは心電図の解析を行ってくれるので、電気ショックが必要でも、必要でなくても
とりあえず電源を入れ、装着することを勧めます。


救える命は救ってあげたいですよね。
まずは、勇気を持って行動することが大切です!!


応急手当指導員のTシャツ
救命救急-5
要請があれば、講習を行ってくれます。
気軽にご相談ください。

救命処置の方法も日々進化しているようなので
何年かに1回は受講するといいと思います。


  1. その他
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/07/05(Sun)
<<調査の様子を撮影 | top | 今年は少し様子が違う梅雨の花-イジュ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。