よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告
  2. :: --/--/--(--)

奄美のお盆


今日は送り盆。
お墓にはたくさんの人が提灯持って来ていました。
何とか天気が持って本当によかった。

さて、以前のブログでシンソダナ(仏壇)のあるお家のお盆の様子を紹介しました。
(シンソダナって言ってるけど、漢字で書くと神祖棚なのかな?)
奄美のお盆・・・仏壇のあるお家編

なので、今回はシンソダナのない家の人のお盆の過ごし方を紹介します。

初日、(今年は8/26) 迎えの手伝いする人は一緒にお墓に行き、
行く必要のない人は、お盆の入りだなぁと感じたり思ったりするだけで
何をするわけでもなく一日をいつも通り過ごします。

中日、(今年は8/27) シンソダナのある親戚の家や、初盆の家を回ります。
(シンソダナのある家の人も、誰かが家に残り、他の人が各家を回ります。)
初盆の家には連絡することなく、適当な時間に伺いお線香をあげてきます。
(初盆の家はいつだれが訪ねてくるかわからないので、簡単なおかずや
 茶菓子などの準備、次から次に来るお客さんの相手で大忙しです。)

送りの日 (今年は8/28)
なるべく遅く行ったほうがいいと言うことで、夕方お墓に行く人が多いようです。
お墓に行く前にシンソダナのある家、
たいていは祖父母など先祖代々の仏壇のある家に集まり、一緒に食事をします。


まずはお吸い物
お盆料理-1


その後はたくさんのご馳走が出てきます。
お盆料理-2
写真は ご飯、味噌汁、大根の漬物、エビと野菜の揚げ物、ヤッセ(野菜の煮物)

普通は吸い物があるので、味噌汁はありませんが、
私がごう汁(地豆の味噌汁)大好きなのを知っていて
特別に残してもらっていたのをいただきました。

この写真には写っていませんが、他に酢の物、タコの刺身、パパイヤの漬物、
ムスコ(型菓子)、ブドウ、アイスクリームなどいただきました。
それぞれ、量はあると思うのですが、伯母曰く
「ちょっとずつ入れたからね。」

まだまだ、伯母は出そうとするのですが、お腹がはちきれんばかりだったので
あとは全部お土産にしてもらいました。
(冷蔵庫はいっぱになり、ドアを開けると落ちてきそう。)

はっけー、島の人っちば、もう限界で、これ以上食べられないと言っても
「あれがあるよ、これあるよ、食べらんね。」と言って、
次から次に出そうとするから、食べられなかったらちゃんと言わないとたいへ~ん。
(残すまで出さんば気が済まんはず。)
これをやられると、シマッチュだねぇと、腹をさすりつつ嬉しくなってしまいます。


食事が済むと、提灯を灯してお墓へ。
送り盆のお墓
供えものとして、トモジと生米を準備するのですが、
トモジは手に入りにくいのでクワリで代用することもあります。
切られたものはよく見るのですが、実際のトモジとクワリがよく分からないので
今度じっくり見てみたいですね。
コップにはもちろん黒糖焼酎が入ってます。

自分の所のお墓参りが終わると、知人のお墓などを回りとりあえず終了。
集落によっては、夜また集まって公民館などで、八月踊りをするのですが
そうでない場合は、またシンソモトの家に集まり皆でおしゃべりをして過ごします。

そして、翌日の旧の16日は、海に行かないようにします。
昔は、夜通し踊っていたこともあったのか、この日は仕事もしたらいけなかったとか。
私は、縁起担ぎで、16日は海にも山にも行きません。

これでお盆は終了。
旧暦なので、お盆は毎年時期が変わりますが、
私は今年のように8月終わり頃のお盆が一番好きです。
暑さを残しながら、ちょっと秋を感じる中、
夏の終わりを惜しみつつ亡くなった人を想いお墓参りをする
その雰囲気がいいんです♪

これから、奄美は豊年祭に突入です。



お腹がいっぱい過ぎて、もう動けない~~~!



  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2015/08/28(Fri)
<<空港のkazemaru展終了 | top | この夏、やりたかったことの一つ>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。