よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





ノヤギ調査


今日はノヤギ調査に同行しました。
船の上から海岸や崖にいるノヤギを捜して地図に落とし、生息地と生息数を調査します。


あっ、ヤギ発見! 下の写真にヤギがいますよ。
ノヤギ調査-1



撮った私でさえどこかわからないので、少し大きくします。
さて、どこにヤギがいるでしょう。
ノヤギ調査-2


放牧したりしたヤギが野生化し、ノヤギとなり植物を食い荒らしています。
結果、崖崩れが起きたり、貴重な植物が食べられたりと問題になっていて、
ノヤギをいなくしようとやっているのですが、ヤギは人の行けない崖などにも平気で行けたり、
法的な問題などもあって、なかなか進展がみられません。

植物の専門の方が
「遠くではっきりわからないけど、崖崩れした場所に下草(ススキ、ホソバワダンなど)が
やっと生えても、そういう草は柔らかくおいしいからヤギの餌になり、
悪循環が起こっているように思えるね。」
と、話されていました。


雲が多く、いい写真ではありませんが、下は市崎。
ノヤギ調査-3


さて、先程の答え。
ノヤギ調査4
白い、ポツポツがヤギです。
わかりにくいと思いますが、今日の船の上からは肉眼で大体これぐらいにしか見えませんでした。
海岸沿いだけかと思っていたら、最近山の中でも目撃情報が出ています。
ノヤギ問題についてはまたいずれ詳しく。
(調査については、8/19の南海日日新聞、奄美新聞に載るかと思います)


  1. 奄美
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2012/08/18(Sat)
<<小さい錫杖(しゃくじょう) | top | きれいな花に悪女が潜む?>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する