よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





この夏出会った小さな大物-2


今日紹介するのは、冬虫夏草。
冬虫夏草とは、現在、昆虫などから生ずるキノコを総称しているようです。

冬虫夏草探しは、かなり大変。
生えていそうなところに当たりを付け、地面を這うぐらいの気持ちで姿勢を下げ、
目を凝らして探します。

冬虫夏草は遠い存在のような気がしますが、「アマミ」とついたものが結構あります。

アマミウスキクモタケ、  アマミカマキリムシタケ、  アマミクロダンゴタンポタケ
アマミコヒメタンポタケ、 アマミコベニタンポタケ、  アマミコロモタンポタケ
アマミセミタケ、     アマミタンポタケ、     アマミツチダンゴツブタケ
アマミナメラタンポタケ、 アマミハダニツブタケ、   アマミミヤマタンポタケ
アマミヤツノホセミタケ  etc.  (メモ代わりに羅列してみました)

奄美在住で上記冬虫夏草発見に貢献したFさんと山に行ったとき、
「アマミハナセミタケがあるよ」
と、教えてもらいました。


アマイハナセミタケ
セミの幼虫から生えています。


アマミハナセミタケって、どんな冬虫夏草かと思って図書館にある図鑑を見に行ったのですが、
見当たりません。 名前聞き間違えたのかと思って、Fさんに確認したところ、
「あぁ、まだ図鑑には載ってないよ」 とあっさり答えられました。
図鑑にも載っていない小さな大物でした。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2012/09/07(Fri)
<<空からの風景アンド | top | この夏出会った小さな大物-1>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する