よ~り よ~り てぃだ かんかん  kazemaru便り 

"奄美発 kazemaruで航海 vol.2"





もし、大きかったら


南方系の花と聞くと、どちらかといえば派手なイメージがあると思いますが、
実際は地味で、清楚な感じのものが多い。

でも、今日紹介するムラサキムカシヨモギはイメージ通りではないでしょうか。
九州南部以南に分布するキク科の植物です。


ムラサキムカシヨモギ-1

小さな花が集まって一つになっているので、まるで花火のように見えます。
こんな派手な花なのに実はあまり目立ちません。
理由は


ムラサキムカシヨモギ-2


小さいから。
1つの花の塊で1cmぐらいしかないのです。
車に乗っていて、なんとなく紫色が気になり降りたのですが、正解でした。
もし、大きかったら観賞用として絶対引っ張りだこだと思うんだけどな。


ムラサキムカシヨモギ-3



ムラサキムカシヨモギ-4



おまけの種
ムラサキムカシヨモギ-5
海の生物、イソギンチャクかケヤリみたいですね。


  1. 自然
  2. | コメント本文:0
  3. :: 2012/11/21(Wed)
<<よく見かける黄色い花 | top | 小っちゃいお目目の癒され顔>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する